リンク集

2015年12月29日

「このブログしばらくお休みします」〜〜〜♬

あなたが選んだ道。

あなたが決めた生き方。

それ以上でも、それ以下でもない人生を

あなたは歩んできたし、これからも歩んでいく。

途中に何があっても、大丈夫。

それはそれでよかったこと。


行く道に、こだわらず。

行かなかった道にも、とらわれず。

深刻に考えて歩もうと、笑い飛ばしながら走ろうと

その道程は違っても、

ものごとは、落ち着くところに落ち着くようになっている。


目覚めの一言、いい気分―人生のとらえ方、うなる100のヒント/英光舎。

¥1,296
Amazon.co.jp


著者は 松浦英行さん。




何かに集中しています〜〜〜♬




感謝
posted by にこにこ笑人 at 17:03| Comment(0) | そうなんだ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月23日

「ほっといて、かまって」・・・☆

「コミュニケーションで大切なのは

距離感である」

と 僕は考えているのです。


距離が近ければ熱いし、

離れれば冷める。


近づき過ぎると熱過ぎるし、

離れすぎれば冷え過ぎる。



双雲流コミュニケーション術/毎日新聞社

¥1,404
Amazon.co.jp


著者は 武田双雲さん。
(書家)


双雲さんは

小さいころから宇宙や惑星に

興味があったという。


そして、

「太陽と地球の間には、相応しい距離があるんだな」

そう気づかれたという。


距離感・・・



自然界において最も大事な要素の一つ。


人間界にも当てはまるのではないかと

双雲さんは 語られています。


仕事・プライベート・親子の心地よい距離間・・・


「ほっといて、かまって」


そう表現されています。 お見事^^



自然界からも いろいろ学べちゃうんですね〜〜♬



太陽と地球


月と地球


絶妙な関係でいてくれるおかげで


今日も楽しく生きられる〜〜〜♬



感謝

posted by にこにこ笑人 at 08:12| Comment(0) | いい本です! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月22日

「あなたは何才ですか?」・・・☆

人間には三通りの年齢があるという。


一つは生まれてから今までの暦の上の生活年齢。


次の一つは、

健康状態などに左右されることの多い生理年齢。


もう一つが、

気の持ちようや心がけ次第で、

どのようにでも変えることのできる心理年齢である。



ユーモアは老いと死の妙薬/講談社

¥1,620
Amazon.co.jp


著者は アルフォンス・デーケンさん。
(上智大学名誉教授。(死生学))


今日は12月22日。冬至。

北半球では、昼間の時間が最も短い一日。


何かを始めるのにイイかも^^

このブログも たぶん変わります・・・


本業に力を入れなくっちゃ^^



僕の心理年齢は・・・

37才がいいなあ〜^^


「あなた 何才ですか?」

「37才です♪」

これでいこ^^



年齢もそうだけれど、

今日という一日についても


何通りかの見方があるんだろうと思う。


もう半分しかない。

まだ半分もある。


どっちを選ぶか〜〜〜
 

ステキな一日を〜〜〜♬



感謝


★★★こんなブログもやっております★★★


心の貯金箱タイプA


心の貯金箱タイプC


心の貯金箱タイプD



posted by にこにこ笑人 at 11:45| Comment(0) | いい本です! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月18日

言葉の世界は・・・☆

言葉というのは記号で、

それを並べて人間は面白がっている。


「言葉遊び」というけれど、

言葉でできた文章は

すべて遊びである。



常識にとらわれない100の講義 (だいわ文庫)/大和書房

¥702
Amazon.co.jp


著者は 森博嗣さん。
(小説家・工学博士)


言葉は 本当に遊びだと

言い切れるのでしょうか・・・


誰かが文章を書く。


それを受け取った側の人間は

その言葉から

自分のイメージを展開していく。


森さんは

それは「連想」に近いと

語られています。


そして

そのイメージを

更に自分の体験や思考などに準じて

展開していく。


確かに「連想ゲーム」かなって

思えてきちゃう^^


おそらく

文章だけではなく、会話においても

同じじゃないかって・・・


人は 生まれや育ちが みんな違う訳だから

誰もが使う言葉でも、

それぞれの人のイメージは違うのだと思う。


また

意味のない言葉を語れと言われても、

それがすぐできる人は

ほとんどいないらしい。


言葉は

常に幻想や連想が付きまとっている


ということですね。


「あれ いいね」


「そうね」


幻想の世界・・・

遊びの世界ということか・・・^^


「好きだよ」


「私も」


連想が近いものであってほしいと

願う^^



そのへんは

目と雰囲気で

確かめていくしかないのかも^^



感謝
posted by にこにこ笑人 at 19:17| Comment(0) | いい本です! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月15日

幸せ気分でまいりましょ〜〜〜♬

私の唱える「プラス思考」とは、

マイナス現象(不幸や悲劇)が存在するのを

プラスにとり直しなさいというのではなく、


「もともと現象は全部ゼロである。

そのゼロを否定的にとらえたがゆえに

マイナスになっているだけで、


もともとゼロなのだから、

それをプラスにとり直してみたら

面白いのではないか」


ということを言っているのです。



出典

楽しい人生を生きる宇宙法則/講談社

¥1,543
Amazon.co.jp


著者は 小林正観さん。
(著述作家)


一般的な「プラス思考」は、

マイナスのことがあっても、

プラスに考えればよいではないか、

という考え方だという。


しかし、正観さんは


現象には、プラスもマイナスもない

もともと現象はゼロだ



と語られています。


これは幸福 これは不幸

これは良い これは悪い


そういう絶対的な現象というものは

無いということですね。


無いけれど これらの言葉は

よく使われます・・・^^


正観さんは

「幸せ」という現象が、

実は 存在する <とき> があると

語られています。


それは どういう <とき> か・・・


「私」が 「幸せ」だ と思った瞬間に、

その思わせたことが 「幸せなこと」 になる。



確かに 確かに^^


「幸せ」という絶対的な価値を持つ現象は

存在していないけれども、

「私」が 「幸せだなあ」って思ったときに

現われる(感じる)ということですね。


正観さんは

「幸せ」は 求めに行くものではなく、

「幸せ」になる ものでもない

と 語られています。


「私」が「幸せ」を感じるかどうかに

かかっているということですね。



ものごとをどう捉えて生きていくか・・・



この地球という奇跡の惑星で

いろいろな存在とともに

いま 生かせていただいている・・・



幸せ気分でまいりましょ〜〜〜♬




感謝
posted by にこにこ笑人 at 22:24| Comment(0) | いい本です! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。