リンク集

2016年02月08日

魂の成長という観点で・・・☆

抜き差しならない状態というのは、

歓迎すべきものではないが、

魂の成長という観点から見た場合、

歓迎すべきものである。


人間はぬくぬくしているときは、

ろくなことはしないが、

苦境に立たされたとき、

真剣になる。



(※抜き差しならない〜

刀は本来、抜いたり差したりできるもの。

それが出来ない状態・・・

どうしようもない、解決策が見い出せないの意。)


『生き方のヒント』

著者は 神渡良平さん。

出版社は 大和出版さん。




神渡さんは

真剣になると、

初めてモノが見えてくる


と 語られています。


反省したり、

苦心の末に 問題が解けたりして、

人間的に一回り大きくなったりするという。


振り返ってみると 私なりに

大小いろいろ 問題を解いてきた感じは

している・・・^^


問題を抱えていたときは、辛いものがあったけれど、

それらが 良き経験として

今の自分の糧になっているかも・・・^^


神渡さんは

逃げずに 真正面から捉えることが

大切であると 語られています。


そのような姿勢でやっていくと

人間的成長につながっていくのだと。


そう考えると

人生に怖いものはない、

どんなことでも受けて立とうという気になるものだと

語られています。


なるほど! 確かに・・・


苦境=

学べるチャンスが やってきた!


そんな感じで 捉えるといい

ということですね〜〜


仕事をしていると

時に ミスをすることもある。

思いがけない問題に 直面することもある。


そんな時・・・

誤魔化したり、逃げたりすると

又 同じような状況に陥ることは 常のようです。


状況を受け入れて、

誠意をもって 真正面から対応する。


結果的には それが一番のように思います。

例え評価されなくても、

気持ち的には 納得できるように思います。


自分の人生は 自己責任で やっていく。


自分の人生の主人公は 自分なんだから。


やっぱり これだなあ〜〜♬



感謝


posted by にこにこ笑人 at 10:24| Comment(0) | いい本です! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。