リンク集

2016年02月28日

悩みを消す方法(考え方)・・・☆

生きることには“苦しみ”が伴う。

苦しみには“原因”がある。

苦しみは“取り除くことができる”。

苦しみを取り除く“方法”がある。


仏教の世界では、

これを“四つの真理”(四聖諦(ししょうたい))

と呼んでいます。



反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」/KADOKAWA/中経出版

¥1,404
Amazon.co.jp


著者は 草薙龍瞬(くさなぎ・りゅうしゅん)さん。
(独立派・出家僧)

この方の 経歴・・・1969年生まれ。

中学中退→家出→放浪→大検→東大法学部→政策シンクタンク勤務
→インドで得度→僧侶

だからどうなの? ということもありますが、

エスカレーターに乗らない人生を歩んでこられたようで、

ちょっと興味が・・・^^


この本は、

あらゆる悩みが消えていく ブッダの超・合理的な

「考え方」について具体的に分りやすく書かれた

内容になっています。


掲げた言葉には 「苦しみ」とありますが、

「悩み」も 同様でしょう。


「人生には 悩みがつきもの」 だと

世間ではよく言われている という。


間違いないなって 思います^^


では その 原因は いったい何なのか?


仏教の世界では それは 「執着」と

語られることが多いと思いますが、

草薙(くさなぎ)さんは

執着以前に 悩みを作り出しているものがあると

語られています。


それは「心の反応」


イヤなことがあって 腹を立てる。

他人の対応に 不安になる。

大事な場面で 緊張する。


そんな感じですね。


そして、

それを 取り除くには


「無駄な反応をしないこと」だと

草薙さんは 説かれています。


確かに 順序立てて考えてみると

その通りじゃないかって思えてきます。


では、

何故 そのような反応をしていまうのか・・・


それは

快(喜び)を求めてやまない

「求める心」にある という。


仏教の世界では 渇愛(かつあい)と

表現されているようです。


人は 快 を求めて 行動する。

ということについては

その通りだと思っています。


そして、

その「求める心」は 発生後

7つの欲求に分れるという。

承認欲とか・・・


(具体的内容 とか 具体的解決方法については 

本を読んでのお楽しみということで・・・^^)


大事なのは

人間というのは 誰でも 

そういう 「求める心」 が ある

ということを 理解することだ

と 語られています。


「心とは、そもそもそういうものだ」


すると・・・


あの人に 認められたい・・・

だから あの人の対応とかに すぐ反応してしまう・・・

(悩みの 原因に・・・)


「心とは、そもそもそういうものだ」


自分は承認欲があるんだなあ・・・

(ここポイントかも^^)


草薙さんは

それまでの「心の渇きの正体」がわかるだけで、

その不満状態から抜けてしまいますよ

と 語られています。


ちょっとラクな気持ちに・・・


そして

あの人に認められたところで、

それが一体何なの・・・?


そんな感じで いけるかも^^


本の中で いろいろ解決策が盛り込まれています。

悩みを解決したい方に お勧めの本です〜♬



感謝
posted by にこにこ笑人 at 09:50| Comment(0) | いい本です! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。